レコードは扱いが難しい」「デジタルこそ高音質で永く楽しめる」CDやデジタルメディアでしか音楽を聴いたことのない若者の中にはそう言った誤解をしている人も多くいます。確かに、持ち歩いて鑑賞するにも、サイズや手軽さは最新のものが扱いやすいのは確かです。

しかし、“本物の音楽をじっくり楽しむ派”や“今は聞くことの出来ないアーティストの生の音を臨場感たっぷりに楽しみたい派”には絶対レコード!という方も多くいらっしゃいます。レコードの魅力に魅せられて、最近ではあえて紙ジャケ版として旧譜の再販売や、新譜が発売されるケースも増えてきました。そんな大切なレコードを、紙ジャケットごと美しく永く保存する方法と、最新情報をお届けします♪

アナログレコードは古さと新しさが若者に人気!

このレトロさが若者にも人気!

世界でアナログレコードの人気が高まっている今、日本でもレコードショップが新しくオープンするなど熱が高まっています。レアなレコードや名盤は、OPP袋を使って美しく保存しましょう。レコードの知識を深めたい方は、是非こちらのページをご覧ください。

レコード用袋で人気上昇中のレコードを長く保存!

レコード用袋(OPP袋)でラッピングして形に残る音楽のプレゼントをしませんか?今世界的にレコード人気と売り上げが高まっています。イギリスではダウンロード版とレコードの売り上げの逆転現象も起こりました。レコード用袋の気になる情報はこちらです。

レコードも奥が深いんです!

ファンも多く、奥が深いレコード

お気に入りのレコード、大事に保管したいですよね?それならOPPフィルムを使ったレコード用袋がおすすめです!100年以上前に登場し、再生機も本体もいろんな変遷を遂げながらも人気の高いレコード、レコード用袋を使って綺麗な状態で楽しんでください!

LPレコード用本体側テープ付袋

LPレコード用本体側テープ付き袋

レコードを大事に保管するにはOPPフィルムを使ったレコード用袋が一番です!テープ付のレコード用袋なら湿気や汚れに強いだけでなく、中にほこりが入ることを防いでくれます。もちろん透明なので中身の確認も簡単!テープ付OPP袋、一度お試しください!

LPレコードを大切に保存するために

大切なLPレコードはOPP袋で保存

レコード用袋はレコード盤の保管方法として特に良いものです。湿気に強く、中身がカビなどにより傷むことがなく、透明なので管理も簡単です。OPPフィルムはほこりを通さないので、音溝が汚れることもありません。大事なレコードはOPPのレコード用袋で!

LPレコードダブル用テープなし袋

ダブルジャケット用のレコード用袋

レコード用袋の中に、ダブルジャケット用のレコード用袋があります。見開きになったジャケットで、シングルジャケットに比べて厚みがあります。当時の流行を感じさせるジャケット、綺麗に保管するためにOPPフィルムのレコード用袋を活用なさってください!

今でも大人気、LPレコード

近年人気が高まっているLPレコード

レコード用袋に入れるLPレコード、実はかなり人気が高まっています。多くのアーティストがアナログ盤でのリリースを行なうようになり、最近は一年間で600万枚以上の売り上げを記録するほどです。大事なレコード、レコード用袋でしっかり保管しませんか?

LPレコードシングル用テープなし袋

LPレコードシングル用テープなし袋

レコード用袋にも種類があります。レコードのジャケットの種類に合わせて計三種類ご用意しております。その中の一つがシングルジャケット用のレコード袋です。321×322というぴったりなサイズになっています。綺麗に保管するため活用なさってください。

レコードの歴史、知っておられますか?

根強い人気のレコードの歴史

エジソンが稼動させて以来いろんな方式で再生されてきたレコード、割れやすいSPレコードから軽くて丈夫なLPレコードへと変化し、各家庭へ普及していきました。今でも高い人気を誇るレコード、OPPフィルムのレコード用袋で大切に保管なさってください!

レコード用袋にも種類があるんです

各種類に合わせたレコード用袋

レコード用袋を使ってお気に入りのレコードを保存してみませんか?OPPフィルムの利点を活かしレコード盤を湿気から守り、中身がすぐに見分けられる透明度で簡単に整理・保管ができますよ。またジャケットの種類に合わせたレコード用袋もご用意しています。

サブコンテンツ