レコードは扱いが難しい」「デジタルこそ高音質で永く楽しめる」CDやデジタルメディアでしか音楽を聴いたことのない若者の中にはそう言った誤解をしている人も多くいます。確かに、持ち歩いて鑑賞するにも、サイズや手軽さは最新のものが扱いやすいのは確かです。

しかし、“本物の音楽をじっくり楽しむ派”や“今は聞くことの出来ないアーティストの生の音を臨場感たっぷりに楽しみたい派”には絶対レコード!という方も多くいらっしゃいます。レコードの魅力に魅せられて、最近ではあえて紙ジャケ版として旧譜の再販売や、新譜が発売されるケースも増えてきました。そんな大切なレコードを、紙ジャケットごと美しく永く保存する方法と、最新情報をお届けします♪

OPP袋でジャケットを美しく飾りませんか?

思い入れのあるLPレコードをOPP袋で綺麗に飾りつつ大切に保管してみませんか?OPP袋ならその光沢によってジャケットが一層美しく見えるようになります。そしてカビの原因となる湿気を防ぎ、ほこりや汚れからも守り、良い状態を保ってくれますよ。

シングルLPレコード用OPP袋には工夫があります!

普段から良く聴くLPレコードならシングルLPレコード用OPP袋がおすすめです!シングル用はテープが付いていないため、ジャケットを傷付けずに出し入れできます。もちろんほこりが入りにくい仕様になっています。ダブル用も同じ仕様になっていますよ。

OPP袋でLPレコードを綺麗に整理しませんか?

OPP袋でLPレコードをしっかり保管してみませんか?そのメリットは素材のOPPフィルムです。ほこりや湿気を防いでくれますが、それに加え透明なフィルムが中身をすぐに判別できるようにしてくれます。しかもその光沢によって中身が一層美しく見えます。

カビの季節、LPレコードも要注意ですよ!

梅雨の時期、いろんな場所にカビが発生します。すぐに掃除できる場所ならいいですが、それがLPレコードの溝なら一大事になってしまいます。湿度を防ぐためにも、OPP袋を使うことをおすすめします!湿気を通さない素材ですから、安心して保管できますよ。

LPレコードの保管方法、注意しておられますか?

LPレコードは今人気急上昇中です。CDやデジタルミュージックとの音質の違いを比較するため購入する方もおられます。しかしLPレコードを扱う際には注意点があります。ほこりとカビは溝を傷付ける原因になります。OPP袋でしっかりカバーしましょう。

LPレコードが注目されています!

家にいながら重厚で上品な音質を楽しめる、それがLPレコードです。最近かなり注目され、多くのファンが誕生しています。しかしLPレコードは繊細ですので保管方法は重要です。OPP袋を使ってほこりや湿気を防ぎ、綺麗な状態を保ちましょう!

お気に入りのレコードを大切に保管しませんか?

OPP袋ならお気に入りのLPレコードもしっかり保管することができます!LPレコードは繊細で、保管方法を間違えるとすぐに再生できなくなるため、湿気や熱、ほこりに注意しながら保管する必要があります。熱以外はOPP袋で、熱は場所に注意しましょう!

LPレコードを綺麗に保管しませんか?

今ではLPレコードは復刻版ではなく楽しむためにリリースされています。ただこのLPレコード、しっかり保管しないとたちまち再生できなくなります。OPP袋なら、カビや湿気といったLPレコードの大敵からしっかりと保護し、ほこりからも守りますよ。

LPレコードにはレコード用OPP袋を!

LPレコードが再び注目されています。さまざまなアーティストがCDとともにリリースし、その人気はとどまるところを知りません。そのLPレコードを保管するならOPP袋が最適です!そのメリットは、レコードにとっての大敵である湿気から守れることです。

レコード保存でやってはいけない事って?

レコードでやってはいけないこと!

LPレコードは、保存時にNGなことが意外とたくさんあります。レコードやジャケットをそのまま放置したり重ねるのはNG!紙ジャケットは傷や汚れが付きやすくそのまま放置するとLPレコード共々劣化が進みます。おススメは専用のOPP袋で守る方法です。

サブコンテンツ